アイウォレットを使うための準備

iWallet(アイウォレット)について

iWallet(アイウォレット)は、オンラインカジノで導入されている入出金方法の一つです。
こちらのアイウォレットはオンライン上に口座を作り、そちらで一括で入出金を行う事が出来るというサービスです。
最初にアカウントを作成する必要がありますが、登録して口座さえ作ってしまえば、あとは入出金を一本化する事が出来るので、とてもメリットがあります。
複数のオンラインカジノで遊んでいる場合も、資金の管理を一括で行えるので、流れが分かりやすくなっています。

iWallet(アイウォレット)について

アイウォレットは2013年に設立された比較的新しい企業によって運営されています。
対応カジノも徐々に増加しており、使い勝手がよくなってきました。
イギリスやフィリピン、香港にオフィスを構えており、20名のスタッフが常勤しています。
無料で口座を開設でき、維持費や送金手数料が無料ですから、利便性の高いサービスです。

アイウォレットを利用するメリット

アイウォレットのメリットは、口座の開設が簡単な点とされています。アカウントの取得だけならば、身分証明書の提出を求められませんので、「ほんの数分」で手続きが完了します。
ただし、この時点では「スタンダード会員」ランクとなりますので、さまざまな利用制限があるのです。
利用上限額を解除するためには、「エグゼクティブ会員」へのアップグレードが必要ですから、早めに手続きを済ませておきましょう。

簡単な口座開設について

公式ホームページから口座の開設が可能です。メールアドレスを入力して、「パスワード」「名前」「居住国」「生年月日」を入力すれば、認証メールが届きます。
認証メールを開いて、記載されているURLをクリックすれば、会員登録が終了です。簡単でしょう?

ただし、この状態ではスタンダード会員となり、1000ドルの上限が設定されます。上限なく利用するためにはアカウントのアップグレードが必要です。
住所や電話番号を登録して、本人確認書類と住所証明書類を提出すれば、審査によりアップグレードが可能となります。
利便性の高い「プリペイドカード」を申請するためにも、口座のアップグレードが必須です。

VISA・プラチナ・プリペイドカードについて

「アイウォレット」では、国際ブランドの「プリペイドカード」を発行しています。セキュリティの高いICチップ付きカードとなっており、安心の仕様となっているのです。
あらかじめチャージしておいた分が使用限度額であり、VISA加盟店であれば使用可能となります。世界中で使えますから、海外旅行などで大変利便性が高くなります。

オンラインカジノで電子決済が便利な理由とは?

アイウォレットという電子決済システムを利用することで、オンラインカジノの入出金が大変便利になっています。
そこで、入出金で、なぜこのような電子決済システムが必要なのでしょうか。

オンラインカジノで電子決済が便利な理由

まず、オンラインカジノは海外の業者が運営をしていますので、本来であれば海外送金が必要となってきます。
円をそのまま送金するわけにはいきませんので、ドルに換金する必要があるのですが、非常に手間がかかってしまいます。
しかし、アイウォレットなどの入出金手段を利用することで、自動的に換金されますし、入出金のどちらもを行うことが出来ます。

たとえば、オンラインカジノでは、クレジットカードの入金が出来るサイトもありますが、クレジットカードの場合、入金のみとなっていて、出金は出来ません。
電子決済システムは、入出金のどちらもを行えるのが魅力です。

ネッテラーの代わりに導入されている

アイウォレットは、2013年に設立された比較的新しいサービスとなっています。

以前までは、オンラインカジノの入出金手段としては「ネッテラー」が有名でした。
しかし、ネッテラーは、ギャンブルを目的とした利用が停止になってしまいましたので、代わりの手段として導入されたのがアイウォレットとなっています。
アイウォレットが使えるオンラインカイノは増え続けていて、今後も主流となり続けることでしょう。

また、同じ電子決済サービスとして、「エコペイズ」などもあります。こちらのエコペイズも、使えるオンラインカジノが多いです。

日本語対応が安心、国内ATMで出金が可能

日本語対応が安心、国内ATMで出金が可能

アイウォレットの魅力として、日本語対応であるという点です。登録の際も、全て日本語ですので、英語が苦手な方も問題ありません。
また、アイウォレットは、出金の際には、日本国内のセブン銀行、ゆうちょ銀行のATMで出金をする事が出来ます。
オンラインカジノで得たお金もすぐに引き出すことが出来るのも大きなメリットとなっています。

コメントを残す