シェアトップを誇った決済サービスの撤退理由

かつてオンラインカジノユーザーの送金サービスの定番といえばネッテラーでした。
近年でこそアイウォレットやエコペイズといったサービスが定着していますので、かつてネッテラーを利用していたユーザーも、今ではすっかりその存在を忘れてしまっていることでしょう。

しかし、当時多くのユーザーが
「なぜネッテラーは日本市場から撤退してしまったのか」
と疑問に思ったのも事実です。
今回はその問題に切り込んでいくとしましょう。

ネッテラー撤退の公式な説明はない

ネッテラー撤退の公式な説明はない

ネッテラー撤退で様々なことが囁かれている根底にあるのは、ネッテラーがしっかりと公式にアナウンスしていない点が挙げられます。

ネッテラーが「こういった理由があるので日本市場から撤退します」とアナウンスしていれば、多くのユーザーが納得したことでしょう。
しかし、ネッテラーの撤退はユーザーに「今後は利用できなくなります」と説明したのみで、なぜ利用できなくなるのか、具体的な説明はありませんでした。
そのため、ネッテラーが撤退した当時の「状況証拠」から、理由を推測するしかありません。

様々な撤退理由が語られていますので、それらを紹介していきましょう。

日本市場ではオンラインカジノがだめだと思った説

日本市場ではオンラインカジノがだめだと思った説

この説は非常に根強く囁かれています。
というのも、ネッテラーが撤退した時、日本人オンラインカジノユーザーが逮捕されてしまいました。
「逮捕?」と思うかもしれませんが、当時オンラインカジノは合法か違法かで判断が分かれていました。

日本国内ではカジノは禁止されていますので、オンラインカジノとはいえアウトだという声もあれば、ネット上の法律はサーバーが置かれている国の法律に準拠するからセーフだとする声など多々ありました。
そんな論争の中、現実として逮捕者が出てしまったのです。
そして、ネッテラーがユーザーに「利用できなくなる」と通知したのはその後でしたので、多くの人間が「ネッテラーは日本市場を見限った」と唱えています。

実際には逮捕されたものの起訴に至らなかったことから、警察側が自ら「オンラインカジノは起訴にまでは至らない、つまりはセーフ」だと証明してしまったこととなります。
その所為かどうかはわかりませんが、この後、国内のオンラインカジノ市場は更なる盛り上がりを見せました。
しかし、当時日本国内のオンラインカジノユーザーをほぼ一手に引き受けていたネッテラーとしては、日本の司法の手が自らに及ぶことによるイメージダウンを恐れ、撤退したのではないかとする説はタイミング的な観点からとても根強いです。

前々から撤退したかった

前々から撤退したかったので、先の逮捕の件が「丁度良いタイミング」「潮時」と考えたとする説もあります。

そもそもネッテラーは日本の会社ではありません。
海外の送金サービスで、日本語にも対応していたからこそ、オンラインカジノでも活用することができたというものであって、決して国内のサービスではありません。
そのため、日本人ユーザーに対応するためのシステムを作るとなればそれなりにリソースを割かなければなりません。

世界的に見ても日本市場はそれないに魅力的ではあるものの、リソースと利益のバランスが合っていなければ撤退を考えるのは当然の事です。
前々からその点を話していたものの、司法の手が入ったので「ここが潮時だ」と考え、撤退したのだろうとの推測もあります。

前々から撤退したかった

たまたまタイミングが重なっただけという説も

たまたまタイミング的に逮捕の後になってしまっただけで、実はそれ以前からネッテラーは国内からの撤退を考えていたのではないかとする説もあります。
ネッテラーは送金サービスです。
決して慈善事業ではありませんので、採算が合わない市場から撤退するのは当然です。

日本人のオンラインカジノユーザーの大半がネッテラーを利用していたとはいえ、システム的な面を考えると実際には採算が合っていなかった可能性もあるでしょう。
そのため、単純に撤退をしただけなのに、ほぼ同時期に逮捕劇があったので「だからネッテラーは撤退した」と関連付けられているのは現実です。
しかしながら、実際にはそれらはほとんど意識しておらず、単に採算が合わないから撤退したのではないかとする説もあります。

但し、これらの説はどれも推測の域を出ません。
冒頭でもお伝えしたように、ネッテラーそのものが公式にアナウンスをしているわけではありませんので、真相はネッテラーだけしか知りません。
その点では、あれこれ推測するのは楽しいかもしれませんが、決して「答え合わせ」をすることはできません。

まとめ

かつて国内のオンラインカジノユーザーの多くが頼っていたネッテラーですが、今では国内で使っているユーザーはほとんどいないことでしょう。
しかし、既にアイウォレットやエコペイズといった他のサービスがオンラインカジノユーザーを支えていますので、ネッテラーがなくなったことで不便を感じているユーザーもいないでしょう。
それでも、ふとネッテラーを思い出す方もいるかもしれません。

コメントを残す